CAPAとホワイトスペース

ホワイトスペースとは?それは、プロセスチャートの周りにある空白のスペースのことで、そこには活動があふれています。プロセスのすべてのステップを正確に定義しようとしたり、たくさんのスコアカードやKPIを添付しようとする傾向がありますが、ホワイトスペースは相変わらず大きく、人々はそれを埋めてしまいます。時には有益なこともありますが、時には災害を引き起こすこともあります。

データベースに登録されている最後の「ヒューマンエラー」CAPAを見ると、いくつかの共通する課題が見えてきます。

  • 文章の山で結論が見えない
  • 証拠と見せかけた仮定の原因
  • 関連性のないデータ

CAPAのプロセスは、簡単に言えば次のようなものです。

特に重要なのは、各ステップでの作業の質です。

  • 初期データ取得
  • 症状の説明と測定内容
  • サンプリングレート
  • 影響評価
  • 是正措置の検証

これは、ヒューマンエラーと思われる問題に対処する際に特に重要です。人は最善を尽くそうとしますが、機能しないシステムに負けてしまうことが多いのです。誤りを正すには、慎重な評価が必要ですが、そのためには有用なデータが必要です。

あなたのCAPAスコアカードはどのようなものですか?CAPAの品質指標はいくつあるのでしょうか、それとも単にタイミングや完了などを追跡しているのでしょうか?

CAPAと継続的な改善を成功させるために必要な要素について、詳しくご紹介します。  ホワイトペーパーをご覧ください。

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決のためのコンサルティングとトレーニングの業界リーダーとして、世界中の様々な業界の企業と協力して、エキサイティングな(時には怖い)問題を解決し、自信を持って結果を出すために必要なスキルを従業員に提供してきました。 シミュレーションなどのツールを統合したKTの経験ベースの学習方法や、現役チームのメンタリングは、貴社と同じような企業の数え切れないほどの成功事例につながっています。

関連

ブログ画像1
CAPAプロセスの見直しは大きなトラブルを待ってはいけない
ブログ画像1
CAPAの有効性に対する文化の影響

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから