機器サプライヤーの活用による稼働率の向上

設備の稼働率は、製造業の生産高を決定する重要な要素です。 機器が停止する1分1秒は、機会損失や生産能力損失だけでなく、従業員が修理を待つためにアイドル状態になり、収益性と生産性を失うことになります。機器の信頼性が非常に重要であるため、企業はあらゆるリソースを活用して機器を稼動状態に保つ必要があります。 幸いなことに、この追求において企業は一人ではなく、機器サプライヤーのネットワークを活用して稼働率を向上させることができます。

使用する機器を自社で生産している企業はほとんどなく、機器サプライヤーから購入している。 これらのサプライヤーの最終的な目標は、お客様に喜んでいただき、生産性を達成して、将来的にリピーターを確保することです。そのため、ほとんどのサプライヤーは、お客様が製品の価値と満足度を最大化できるように、販売後の一連のサービスを提供しています。 企業の立場からすると、サプライヤーのサービスを活用することで、以下のような多くのメリットが得られます。

  • サポート能力の向上製造業では、生産ライン機器のメンテナンスに携わるサポート要員は限られています。 サプライヤーを活用することで、社内スタッフがより広い責任を負い、臨時雇用者を活用することで、問題発生時に柔軟に対応できるサポート能力を身につけることができます。
  • 専門家へのアクセス現代の製造装置は、モーター、プーリー、機械部品だけではありません。 そのほとんどは、特殊なオペレーティングシステムと複雑なコンポーネントを持つ、コンピュータ駆動の複雑な電子機器です。 製造施設にあるさまざまな機器のすべてを独自にサポートするのに十分な深い知識を身につけることは、ほとんどの社内スタッフにとって現実的ではありません。機器サプライヤーは、あなたの会社が依存する重要な機器の監視、保守、修理の方法に関する専門知識を提供してくれます。
  • 分散配置に対応するスケーラビリティ一企業の設備が一カ所に集中していることは稀です。 分散した施設とテクノロジーを駆使した物流ネットワークにより、多くの組織が機器の設置場所を地理的にサポートするのは大変なことです。 サプライヤー・サービスは、複数の顧客をサポートするために地理的に分散した専門家によるスケールメリットを活用する機会を提供します。 多くの企業にとって、社内のスタッフでこの範囲を再現することは現実的ではありません。
  • エンジニアの修正に対する製品チームの対応力。 サポートやメンテナンスにサプライヤーを活用することで、企業が得られる最も貴重な資産は、製品の修正やソフトウェアのパッチが必要な場合に、製品開発チームとの直接的な関係を構築できることでしょう。 サプライヤーがサポートに直接関与することで、製品チームは、貴社が継続的な関与なしに単なる顧客である場合よりも、問題の優先順位付けにおいてより迅速に対応できる可能性が高くなります。

技術リソースへのアクセスやスケーラビリティの利点により、社内チームの活動範囲を広げ、より効果的な機器の監視、故障時の対応、問題の迅速な解決、業務の早期復旧を実現することができます。 また、故障時の対応だけでなく、多くのサプライヤーは予防保守サービスを提供しており、お客様のシステムをリモートで監視し、問題が発生する前に老朽部品の交換やソフトウェア設定の調整を行い、故障の発生を未然に防いでいます。

機器サプライヤーによる予防的サービスと対応的サービスを組み合わせることで、貴社の機器の稼働率を大幅に向上させ、生産性と収益性を高めることができます。 Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決とオペレーショナル・エクセレンスの分野で業界をリードしてきました。当社の専門家は、トレーニング、コンサルティング、プロセスのベストプラクティスを組み合わせて、数えきれないほどの企業が製造の生産性と信頼性を向上できるよう支援しています。

ブログ画像1
サプライチェーンマネジメントは、コラボレーションとチームワークが重要です。
ブログ画像1
クラウドサービスがもたらすサプライチェーンの効率化

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから