ユタ大学、NASAコンペティションでKTプロセスを成功させる

ユタ大学4年生のサンダースは、ユタ・ロボットマイニング・プロジェクトのメンバーであった。鉱山工学、機械工学、コンピュータ工学、電気工学、材料工学の学生14名からなるこの駆け出しのグループは、このプロジェクトに出場することを決意した。 2015 NASAロボティック・マイニング・コンペティション.コンテストの目的は、火星での掘削作業に対応できる採掘ロボットを設計、製作、試験することでした。シミュレーションだけでなく、採掘ロボットのプロトタイプを設計・製作し、火星に近い制御された環境で運用しました。学生チームが発表した技術は、将来NASAのミッションで実際に使用されるかもしれません。

2年前に出場したユタ州のチームの挑戦は、始まる前に終わっていた。チームメンバーには強い熱意があったが、専門知識やリーダーシップの欠如から、プロジェクトは頓挫し、チームは解散してしまったのだ。サンダースは、「結局、ホワイトボードに描いた絵とTシャツしかなかった」と言う。

しかし、2015年、サンダースは自分の背中にエースがいることを知っていた。それは、ケプナー・トリゴーのプロジェクトマネジメントを成功させるための実績あるフレームワークです。学校の休暇中にKTプロジェクトマネジメントのワークショップを受けた彼は、KTプロジェクトマネジメントの仕組みが、チームが経験した困難のいくつかに対処できることを認識したのです。サンダースは、そのアイデアをチームのキャプテンであるケビン・チャピンと共有した。そして、ケプナー・トリゴーの書籍「The KT Project Management」を購入した。 ラショナル・プロジェクト・マネージャー仕事を成し遂げるための思考型チーム・ガイド と、PMプロセスの実践のための勉強を始めたのです。

ユタ大学ロボットの競技会当日の様子を動画でご覧いただけます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

ケプナートリゴーとNASAには長い歴史があります。50年近く前のアポロ計画では、NASAのミッションコントロールのスタッフがKTの問題解決手法を用い、アポロ13号の宇宙飛行士を無事に地球に帰還させることに貢献したと言われています。そして今、ケプナー・トリゴーは、月を超えて火星の表面に焦点を当てたプロジェクトで、新しい世代に受け入れられているのです。

KTプラクティスリーダーのDebra Evansは、「Kepner-Tregoe社のプロジェクトマネジメントの強みは、どんな状況、環境、プロジェクトにも、時代を超えて適用できることです」と述べています。「ケプナー・トリゴーの手法が、ユタ州のロボット採掘プロジェクトのために大学の環境で適用されているのを見るのは、とてもエキサイティングなことです。

発売準備

その後数カ月間、チームの意思決定はすべてケプナー・トリゴーの意思決定分析(DA)プロセスによって行われた。DAは、ロボットの設計を最適化するために、重み付けされた意思決定マトリクスを使用することを可能にしました。サンダースは、「DAによって、感情的ではなく、定量的に解決策を特定し、選択することができました」と述べています。「意思決定は迅速かつ効率的に行われ、統一された合意されたプロセスのおかげで、チームの意見の相違はほとんど見られませんでした。設計の大きな変更点の1つは、材料を集めるためのバケットコンベアシステムをフロントロードバケットシステムに移行することでした。これが成功のカギとなった。

ケープ・ケネディ大会に向かう前に、チームはKTの潜在的問題分析を使って、大会中に起こりうる問題を特定し、緊急時対応策を作成し、重要な予備部品のリストを作成した。万が一に備えるためだ。

コンペティションデー

NASAロボティック・マイニング・コンペティションに初参加したユタ大学は、期待を大きく上回る結果を残すことができました。ユタ大学のチームは、ベテランも多い50の出場大学中、最も多くの物質を移動させて2位になり、ロボットは他の参加者や競技の審査員から賛辞を浴びました。ケプナー・トリゴーのチーム関係者は、競技のライブストリームを視聴し、ビデオや写真をKTの同僚やソーシャルメディアで共有し、遠くから応援してくれたのです。

最終的に、ユタ大学のチームは素晴らしい成績を収めました。3位になったのは、彼らのロボットが遠隔操作で動くように設計されていたためです。1位と2位のチームは自律的に動作するようにプログラムされており、この状況は来年改善される予定です。1年目の選手としては、驚くべき成果である。

新たなフロンティア

来年のコンペティションでは、チームは自律型ロボットを設計し、ケプナー・トリゴーのPMプロセスの指導のもと、最優秀賞を獲得することを決意しています。ユタ・ロボットマイニング・プログラムは、2016年の大会に向けて、ユタ大学から新たな認定を受け、さらに教員の支援を得ることができました。

クレイトン・サンダースはユタ大学を卒業し、来年のNASAロボット採掘競技会には参加しないが、ケプナー・トリゴーのプロセスで学んだ知識とプロセスを、今後のキャリアに活かしていく予定である。

「Kepner-Tregoeメソッドは、実績のあるモデルです。私がどこでキャリアを積もうとも、ケプナー・トリゴー・プロセスは常に私と共にあります」と、サンダースは付け加えました。

ユタ大学ロボットの競技会当日の様子を動画でご覧いただけます。

ブログ画像1
品質の100年、Kepner-Tregoeの60年
ブログ画像1
過去からの爆発。今も最先端でグローバルなケプナートレゴー

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから