パンデミック時の製造業の課題

メーカーが新たな業務体制に戻る中、安全性とパンデミック時の柔軟性を確保するために行われた業務手順の変更は、各施設の枠を超えて影響を及ぼします。これらの手順は、株主や取締役会の注目を集め、在庫のサプライチェーンや顧客関係にも影響を与えます。これらの潜在的な影響を考慮すると、従業員の安全性に対する継続的かつ適切なオペレーション対応は、組織の競争力の源泉となり、広く肯定的または否定的な注目を集めることになります。

パンデミック時の生産管理における継続的な課題は、以下のような重要な分野にあります。

  • 従業員であれ、契約社員であれ、労働者の安全を確保することは、今後の安定性を確保するための最優先事項です。組織は、社会的な距離を置くことや除染の手順を増やすことで、安全性に対する多くの課題に対処してきました。また、機器やプロセスに関する知識がほとんどない状態で、初めて現場で作業する可能性のある請負業者には、特別な注意を払う必要があります。
  • 新しいプロトコルの開発、展開、伝達は、その対象となっていない組織の一部を含むすべての利害関係者に明確に理解されなければなりません。不明瞭で断片的な情報が共有されていないと、せっかくの計画も台無しになってしまいます。
  • このように、安全に関するプロトコルや懸念事項が追加されると、すでに手薄になっている管理チームの能力を超えてしまいます。特に、サプライチェーン、製品需要、メンテナンス手順などの不確実性や変化により、管理者が安全基準と計画/予算目標の両方を守りながら、新たな問題について決断しなければならない場合には、大きな問題となります。
  • 経営情報システムを介して新しい情報や指標を取得、分析、利用することで、プロトコルの適切な管理や将来の改善点の特定が可能になります。

適切なものを、適切な方法で、適切なタイミングで測定し、それを適切に伝えることで、経営陣は新しいプロトコルの管理を維持し、不必要な活動を排除し、改善を行い、測定値を確実に維持することができます。

  • 特定のビジネスプロセスの存在は、新たに定義された安全な職場環境の要求をサポートしない可能性があります。組織は、安全性と競争力を維持するために、ビジネスプロセスを継続的に評価し(必要に応じて調整し)、整合させる必要があります。ずれたプロセスは非効率性をもたらし、安全性を低下させる可能性がある。ほとんどの組織では、ビジネスプロセスは通常の日常活動を可能にするために設計されています。一般的には、特別な原因で発生するイベントやその他の異常な要求に対処するようには設計されていません。
  • 継続的な持続可能性のためには、コスト管理とコントロールが重要です。既存の報告・管理システムでは、新しい、あるいは進化する可能性のある通常の状態に基づくパフォーマンスデータを提供できない可能性があります。最新のデータをタイムリーに提供するコスト・モニタリング・プログラムは、労働者の安全と安全性向上のための活動を管理する責任者が、より多くの情報に基づいて正しい行動を選択するのに役立ちます。
  • また、複雑なリソースの調整と管理も重要です。生産スタッフ、技術スタッフ、コーポレートエンジニアリング、スペシャリスト、ベンダー、コントラクター、政府機関(安全、環境など)など、すべての関係者がオペレーションの成功に関わっています。これに加えて、導入、トレーニング、材料供給、機器調達などのプロセスの変更は、安全性とプロセスの変更を視野に入れて慎重に評価する必要があります。
  • 企業は、ウイルスに対して、組織をリアクティブ(反応的)からプロアクティブ(予防的)に変革することを求められています。反応的な文化を脱却し、問題が発生する前に予測して解決することが重要です。

どんな組織にも1人や2人のヒーローがいます。"窮地を救った "と記憶されている人たちです。問題は、ヒーロー性が求められるのは、組織がすでに問題を抱えているときだけだということです。

  • 多様なステークホルダーの期待に応えることが優先されます。前述したように、パンデミック時に生産を維持することは、ビジネス全体に関わることです。間接的なステークホルダーとのコミュニケーションを考慮して、プロトコルの混乱や誤った情報を回避する必要があります。

新たな常態では、既存のプロトコルが作成された基盤が常に適用されるとは限らず、ビジネスの健全性と従業員が安全に働ける環境を確保するためにテストを行う必要があります。パンデミック時に提示される不確実性をうまく乗り越えるためには、複雑な活動や関係性を管理し、上述の課題に対処するための全体的なアプローチが必要です。この演習の最終結果は、必ずや組織の力強い未来を指し示すことになるでしょう。

ケプナー・トリゴーについて

世界の歴史が大きく変わろうとしているこの時期に、皆様がお元気でいらっしゃることを願っております。 ケプナー・トリゴーは、60年以上にわたり、大手企業が急激な変化の中で成功を収めるための支援を行ってきました。また、コンサルティングや能力開発を通じて、難解な問題を解決し、トラブルや問題処理のパフォーマンスを向上させ、企業の最も重要な課題に対応できる効果的なチームを作るお手伝いをしてきました。

ブログ画像1
景気が回復すると、スローダウンして集中し、その後、スピードアップする
ブログ画像1
Covid-19 Pandemic: In Search of Silver Linings
ブログ画像1
プロジェクトを軌道に乗せるためにパンデミック時のリスクマネジメント
ブログ画像1
パンデミックが長引く中、人材を導き、配置する

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから