TED Talks, Tweets & Eye-Catching Headlines - What they can teach us about modern employee learning styles.

現代の社員は、新しい技術やアイデアを学び、身につけることに熱心ですが、10~20年前の社員とはまったく異なる方法でそれを行いたいと考えています。長いトレーニングコース、長い専門書、柔軟性に欠ける開発プログラムは、時代遅れで、情報伝達の効率が悪く、通常の業務フローを中断させる原因となると認識されています。皮肉なことに、これらのレガシーな学習・開発ツールは、ほとんどの産業で広く使われています。学習開発(L&D)の専門家が、高齢者と若い世代の従業員の間の社会的・文化的差異を認識するようになるにつれ、従業員の学習に関する企業の全体的な戦略を近代化する必要性が明らかになってきているのです。

L&Dの課題をより広い文脈で考えると、過去20年の間に、従業員が経験するビジネスと個人の環境の境界線がかなり曖昧になってきています。2000年代初頭の「在宅勤務」トレンドに始まり、「BYOデバイス」ポリシーの普及、グローバル化、フレックスタイム制など、35歳以下のほとんどの社員は、仕事とプライベートが明確に分かれていた時代を思い出すことができません(この2つは常に絡み合っているのです)。アイデア、嗜好、テクノロジーがどのように環境間で移行してきたかを深く掘り下げてみると、変化(およびイノベーション)はまず個人の環境で起こり、その後ビジネスの文脈に移行するという一貫したパターンが見えてきます。

この一般的なパターンは、新しい世代の社員の心に響く現代の職場学習プログラムをデザインするためのアイデアをどこに見出すか、つまり、社員の個人生活に目を向けるための指針として重要です。ほとんどの人は、従来の情報源(放送ニュース、新聞、専門誌)を、ソーシャルメディア、Netflix、YouTubeビデオ、TED Talks、ニュースメディアの目を引くヘッドラインなどの情報源に置き換えています。

一口サイズのナゲットのような高度に集中した情報は、計画的かつ専用の時間ブロックとしてではなく、日常活動の「フィラー」として消費されます。様々なソースからのコンテンツは、個人の興味や仲間内の社会的力学に基づいて集約、フィルタリング、選択されます - コンテンツを作成する人の希望に基づいているわけではありません。学習は職場、バス、スマートフォンなどで行われ、体系的な学習環境では行われない。

しかし、この表現は、スキルや情報の半減期がますます短くなり、多くの人がついていけないほどの速さで変化する環境に対応する、健全な「ジャストインタイム」文化を誤って解釈しているのではないでしょうか。L&Dプロフェッショナルの課題は、こうしたトレンドを活用し、企業が必要とするインパクトを生み出す方法で従業員のスキルとマインドセットに影響を与える方法を見出すことです。

L&D担当者ができる最も重要なことは、「トレンドと戦わないこと」「これまでのやり方に対するリスクのように扱わないこと」です。その代わり、社員があなたの仕事の一部を代行してくれる機会としてとらえましょう。職場の内外で従業員の行動に耳を傾け、観察するだけで、教育方法、コンテンツの好み、情報の定着率を高めるテクニックなど、L&D活動の効果を向上させ、現代にふさわしいものにするための貴重な洞察を得ることができるのです。

L&D機能の近代化は、Kepner-Tregoe社のトレーニングとプロセスの専門家が最近発表したソートペーパー「Future-Proofing Your Organization」で得られる多くの洞察の1つである。ソートペーパーのコピーはこちらからダウンロードできます。 こちら.未来の働き方の方向性、従業員に必要なスキル、その育成のためのテクニックについて詳しく知りたい方は、ぜひ弊社にご連絡ください。

関連

ブログ画像1
困難な状況下でも効果的な学習を行う
ブログ画像1
シミュレーションベースのトレーニング - 実際にやってみることの大切さ

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから