経営者育成プログラムに問題解決を盛り込んでいますか?

マネージャーは、組織の戦略的方向性を決定するリーダーと、仕事を担当する個々の従業員との間に重要なリンクを形成します。環境を理解し、必要に応じて明確にし、人材、プロセス、テクノロジーがすべて効率的に連携して組織に価値を生み出すようにするのがマネージャーの役割です。優先順位の衝突はチームに混乱をもたらしますが、それを明確にするのがマネジャーの仕事です。マネージャーは、あらゆる方向から情報やプレッシャーにさらされ、時に圧倒されることがあります。

問題解決のスキルは、マネージャーにとって、自分の仕事とチームに構造をもたらすための多用途なツールセットとなります。管理職育成プログラムに問題解決を取り入れることで、組織に対するマネジャーの価値と、彼らが成功するために必要なスキルを与えたいという思いがより一層強まります。各部門がそれぞれ異なるとはいえ、マネジメント層全体に一貫した問題解決のテクニックや方法を普及させることで、部門をまたいだ問題に取り組む際に、より良いコラボレーションが可能になり、会社が抱える最大の問題に対処するのに役立ちます。

新任マネージャー研修では、チームの活動を効果的に促進し、組織のプロセスを適切に管理するための基本的なスキルの一つとして、問題解決に関する内容を含むことが一般的となっています。これまでの経験から、新任マネジャーに基礎的なスキルを身につけさせることは、彼らを企業文化に根付かせ、長期的な効果を持続させるために非常に有効な方法であることが分かっています。新任マネジャーは柔軟な視点を持ち、研修で学んだテクニックを積極的に採用し、応用することで、成長の可能性を示すことができるのです。

問題解決研修は、新任管理職のためだけのものではありません。組織内の階層が上がるにつれて、彼らに求められる問題は解決が難しくなると同時に、組織への影響も大きくなります。管理職の育成に問題解決を取り入れることで、将来、より大きな管理職やリーダーとしての責任を果たせるよう、組織内の新進気鋭の人材に準備をさせることができるのです。

多くの単純な問題は非公式かつ直感的な方法で解決できますが、問題がより複雑で困難になるにつれ、望ましい結果を得るためにはより構造化されたアプローチが必要になります。高度な問題解決テクニック、問題解決における部門横断的なコラボレーション、パートナーやサプライヤーのエコシステムを通じた問題解決プロセスの拡張などは、(マスターすれば)最も経験豊富なマネージャーでさえ、組織への影響を改善することができるトピックです。シニアマネジャーは、自分が直接管理しているチームだけでなく、社内の他のチームや外部組織も巻き込んだ、より複雑な経営環境での問題解決を任されることが多くあります。これらの問題に対処する際、対人関係スキル、説得、交渉、構造化されたコミュニケーションは、会社が必要とする意思決定や行動をチームに及ぼし、導くための重要なツールとなります。

組織は常に萎縮状態にあります。適切なケアをしなければ、パフォーマンスも価値も急速に低下してしまいます。適切なケアには、人材のケア、プロセスのケア、データのケア、そしてパートナーのケアが含まれます。マネジメント研修に問題解決を取り入れることで、このような重要な人材が、環境からの大量のシグナルを効果的に活用し、問題が発生したときに解決し、従業員が期待する確かなリーダーシップを発揮するのに必要なスキルを身につけることができます。

Kepner-Tregoe社は60年以上にわたり、企業に問題解決のためのトレーニングとコンサルティングを提供しており、マネージャーがキャリアを通じて成長するために必要なことを理解しています。

ブログ画像1
リーダーシップの課題考える組織とは何か?
ブログ画像1
消火活動か、リーダーシップか。毎日をどのように過ごしていますか?
ブログ画像1
問題解決は、すべてのリーダーシップ開発プログラムの一部であるべきです。
ブログ画像1
経営者が知らないミドルマネジメントの実態

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから