問題解決の基本

として利用可能です。

  • 自習型eラーニング

持続時間/分

90

言語

EN

エッセンシャルズ

調査によると、2020年以降に組織が必要とする#1スキルは、複雑な問題を解決する能力であることがわかっています。効果的な問題解決者になるためには、どのタイプの問題を解決しようとしているのか、どのツールを使えばいいのか、そしてそれらがどのように補完し合うのかを知ることが大切です。この90分間の自習コースでは、問題解決のエコシステム、利用可能なさまざまなツールの基本、そして各ツールをいつ採用すべきかを学びます。

得られるもの

  • 90分の自習型eラーニング
  • KTプロブレムアナリシスをはじめとする様々な有名な問題解決の手法やツールをハイレベルかつ迅速に紹介します。
  • 問題解決のエコシステムに関するインフォグラフィックと、各手法やツールの長所・短所を記載したドキュメント
  • 今後のKTトレーニングワークショップの割引
  • 修了証書
言語選択
合計です。
0.00 $

トータルで見るには、言語を選択する

* 課税前

ワークショップの詳細については、お問い合わせください。

  • オーディエンス

    次のような方は、このコースを受講してください。

    • 求められる問題の種類の多さに圧倒される
    • 5 Whys、Fishbones、Six Sigma、IS/IS NOTsなど、さまざまな問題解決ツールを聞いたことがある(使ったこともある)が、どれを選べばよいかわからない。
    • アポロ13号の帰還に貢献した原因分析ツール、ケプナー・トリゴーの「問題分析」の概要を知りたい方へ
  • メリットあなたが学ぶこと

    • 自分が解決しようとしている問題のタイプを特定する方法
    • それぞれの問題を解決するための適切なツールの選び方
    • 各ツールの長所と短所
    • 困難な問題を解決するために、各ツールがKTの問題分析と効果的に連携する方法
  • クローズアウト

    このコースは自分のペースで進めることができ、長さは90分で、購入してから90日間で終了します。

    さて、何を待っているのでしょうか?問題解決のための知識を増やして、他の人に差をつけましょう。

    ご質問ですか?お気軽にお問い合わせください。

  • 引用元

    「5Why'sやFishbones、Shaininなど、問題解決に役立つと言われている問題解決ツールについては、ずっと耳にしていました。しかし、このコースを受けるまでは、それらがどこから来たのか、どのように組み合わされているのか、どれをいつ使えばいいのか、全くわかりませんでした。問題解決の基本は、私にとってそれらを解明してくれました。"

    - パッケージング・スーパーバイザー

  • パンフレット

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから