調査の実施と文書化

として利用可能です。

  • インハウスクラス
  • バーチャル
  • 対面式

期間/日数

3

言語

EN

エッセンシャルズ

コンプライアンスを維持するためには、組織のあらゆる側面で、適切なプロトコルを適切なタイミングで遵守することが必要です。Kepner-Tregoe社の「調査の実施と文書化」ワークショップでは、コンプライアンスの目標を達成するための調査の実施と文書化に必要なフレームワークを提供します。調査の実施と文書化」では、Kepner-Tregoe社の実績ある「問題分析」、「意思決定分析」、「潜在的問題分析」のフレームワークから主要なアプローチを学び、適用することで、根本原因を特定し、適切な是正措置や予防措置を決定します。

得られるもの

  • 専門の講師が指導する3日間
  • FDAのcGMP要件を遵守するためのスキル
  • 修了証書
  • 認定単位:2.1CEU
セレクトフォーマット
国を選択
日付の選択
参加者
言語選択
日付の選択
参加者
合計です。
0

合計を見るには、国、日付、参加者数を選択してください。

合計を見るには、言語、日付、参加者数を選択してください。

この郡では、サービスは公式のKTライセンス取得者によって提供されます。

* 税引前

お支払いでクラスのお席を確保します。座席予約は72時間有効です。

ワークショップの詳細については、お問い合わせください。

  • オーディエンス

    製造業の品質管理者、分析者、技術者、問題・事故管理者、監査員、エンジニアなど、重要な問題の解決や組織の問題管理を担当する方に最適です。

  • メリット

    • 製薬会社、医療機器メーカー、その他の規制対象メーカーが、FDAのcGMP要件に準拠することを目的としています。
    • 調査の質とスピードの向上
    • 構造化された学習しやすいアプローチで、迅速かつ徹底的にドキュメントを完成させる
    • LeanやSix Sigmaなどの継続的な改善手法と容易に統合可能
  • 開発したスキル

    • 是正措置および予防措置(CAPA)へのKepner-Tregoeプロセスの適用
    • 問題を評価して根本原因を究明し、潜在的な問題を特定する
    • KTツールをリーンやシックスシグマの取り組みと簡単に統合して、調査を推進する方法をご紹介します。
    • 調査結果を文書化するための効果的なテクニカルライティングスキルの開発
    • 文書化された調査で審査プロセスを効率化
  • 投資収益率

    • クロージングまでの平均時間の短縮
    • 未解決の調査件数の制限
    • 繰り返される問題を回避する
    • 監査の指摘事項や観察事項の合理化
    • レビュー・承認サイクルとサイクルタイムの改善
  • ワークショップのパンフレット

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから