スマートファクトリー、ドローン、自律走行車の世界でのオペレーション

インダストリー4.0(第4次産業革命)については、多くのことが書かれ、出版されています。これは、今日のスマート工場におけるドローン、自律走行車、ロボット機能などの新技術に焦点を当てたものです。これらの新技術は、今日のオペレーションにどのような影響を与えるのでしょうか?

スマートファクトリーでは、ロボットを活用して、人間がほとんど、あるいは全く関与せずに作業を行うことができます。ロボットは、機能性、機動性、器用さ、知性、コストなどが大きく異なります。単純な反復作業を自動化する場合もあれば、提示された情報に基づいて認識・学習・判断を独立して行うことができる飛行体(ドローン)の形態をとる場合もあります。

ロボットを業務に活用することで、さまざまなメリットが得られます。

  • 誤差の減少
  • 安全性の向上
  • 効率改善
  • 生産速度の向上
  • 危険な環境下での運用能力

これまでのロボットは、人間がやりたがらない退屈な反復作業を代替するものに限られていました。しかし、技術の進歩により、ロボットはより複雑な作業を行うことができるようになり、人間と一緒に働くこともできるようになりました。

ロボットを業務に活用するメリットは急速に高まっています。ロボットは柔軟性を増し、導入に必要な時間や技術的な専門知識が少なくて済み、導入コストも低下しています。工場の現場では、ロボットは休憩を必要とせず、24時間休むことなく働くことができるので、そのメリットは一目瞭然です。拡張期にある企業にとって、ロボットは生産能力を高めたり、季節ごとの異常な需要に対応するための非常に良い選択肢となります。ロボットを業務に活用する知恵と価値は、時間とともに向上していくことでしょう。

ドローンもまた、多くの企業が急速に支持しているテクノロジーです。最近では、ドローンの使用例が増え、多くの新しいアプリケーションが開発されています。ドローン産業は2021年までに$100億円の規模になると予想されており、それまでの主に軍事的な用途からより幅広い用途へと移行しています。

お客様の業務におけるドローンの用途は多岐にわたります。

  • 倉庫作業、倉庫から工場の床に材料を運ぶこと、生産から出荷まで完成品を移動すること。これらにより、人件費を大幅に削減することができます。
  • ドローンは、通信業界で頻繁に使用されています。ドローンは、サイトの監査を迅速かつ効率的に行い、トップダウンの視点や視線での検査を提供します。
  • ドローンは、不動産業界で広く利用されており、マーケティング用に物件の高品質な画像を提供することができます。
  • 緊急時には、従来の輸送手段が利用できない場合でも、ドローンは重要な物資を届けることができます。
  • ドローンは農業分野でも使用されており、家畜や作物の状態を監視しています。
  • 消費者向けの配送サービスは、ドローンの有望な用途として、積極的に開発が進められています。

ドローンとそれを動かす技術の質は急速に向上しており、今後数年間で産業界でより大きな役割を担うことが期待されています。

また、自律走行車(自動運転車)もメディアで注目されている技術です。米国では、年間約160億トンの商品がトラックで輸送されています。この配送チェーンに自律走行車を導入するための技術開発が盛んに行われています。

多くの大企業や自治体が自律走行車の研究開発を推進しているのは、この技術によってもたらされる新しい選択肢から利益を得たいからです。また、多くのスタートアップ企業は、それらの選択肢をいち早く市場に投入したいと考えています。いずれの企業も、国内の道路網を利用した原材料、部品、完成品の自動輸送の実現を目指しています。

いくつかの理由から、近い将来に完全自動運転の18輪車が大量に道路に登場することはなさそうです。技術が十分に開発されていないこと、交通インフラの整備が整っていないこと、自律走行車の安全性について一般市民が大きな懸念を抱いていること、そしておそらく最も重要なのは、運輸業界が主要な雇用主であるため、ドライバーやその他の労働者の離職を考慮しなければならないことです。

しかし、こうした懸念にかかわらず、この技術は積極的に開発されており、自律的な長距離トラック輸送は、2040年までにメーカーの輸送コストを約30%削減できると期待されています。

第4次産業革命はすでに始まっており、製造業の収益性を大きく向上させるものです。しかし、これらの新技術を採用する際には、慎重さが求められます。このような技術を採用する際には、大きな人的コストが発生することを念頭に置く必要があります。

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、問題解決のためのコンサルティングとトレーニングの業界リーダーとして、世界中の様々な業界の企業と協力して、エキサイティングな(時には怖い)問題を解決し、自信を持って結果を出すために必要なスキルを従業員に提供してきました。 KT社は、シミュレーションなどのツールを統合した経験ベースの学習方法と、現役チームへのメンタリングにより、貴社のような企業に数多くの成功事例をもたらしてきました。 詳細はこちらをご覧ください。 https://kepner-tregoe.com/

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから