団塊の世代が大量に退職し、貴重なスキルや会社の知識を持っていく。

世代交代が進んでいます。今後10年の間に、団塊の世代が大量に退職していきます。彼らは、何十年にもわたって蓄積されてきた専門的なスキルや会社の知識、仕事上のノウハウを持って退職していきます。

このように人材が激減すると、大きなギャップが生じます。定年退職した社員を補充することは難しくないかもしれませんが、経験の浅い若手社員に、知識やスキルが大幅に不足している中で船の舵取りを期待するのは難しいでしょう。組織が長期的に成長し、生き残るためには、世代を超えて知識を共有する取り組みを行い、タレントギャップを埋める努力をしなければならない。そして、迅速に行動しなければなりません。

米国の国勢調査に基づく予測によると、2025年までに毎分平均8.0人の大人が65歳になると言われています。また、今後15年間で約8,000万人の団塊世代が退職すると言われています。

しかし、課題は時間だけではありません。今日の従業員の年齢層は50歳以上であり、彼らの間では教育、学習、仕事の習慣が大きく異なっています。意義のある、変化に富んだ関係や交流の基礎となる共通の基盤を見つけることが重要です。

ここでは、世代の壁を越えてスキルを継承するために考慮すべき戦略をご紹介します。

誰もが同じ方法で学習しているわけではないことを認識する

すべての社員が同じように働き、同じように学び、同じように教えるわけではないことを理解してください。若い世代は学ぶことに価値を置く一方で、注意力が低下しており、情報を短時間でオンデマンドに吸収することを好むため、テクノロジーを駆使したプラットフォームが理想的です。

団塊の世代の人たちは、「やってみる」ことで学んできました。彼らの経験の多くは、仕事の中で得られたものです。団塊の世代は、自分の知識を共有する機会を歓迎しますが、若い同僚に比べて技術的な応用には疎いのです。

トレーニングや知識の伝達は、一方のグループのニーズと他方のグループの要求をうまく調和させる必要があります。

トップが学習する文化を作る

知識の伝達が非常に重視されていることを示すには、まずリーダーから始めなければなりません。リーダーは自分の知識や学んだ教訓を惜しみなく伝えなければなりません。彼らを「レガシーリーバー」として認識し、その貢献を公に認めましょう。

そして、組織全体で知識を共有する機会を数多く設ける。

従業員に非公式の「ランチ&ラーニング」イベントを担当してもらったり、世代を超えたチームを作って特定のタスクや問題を解決したり、専門家のインタビューをビデオに撮って社内イントラネットで共有したり。

シニアの専門家やリーダーが新入社員や若手社員と交流するためのフォーラムや機会を設ける。世代を超えた学習の機会は、メンタリング、「専門家に聞く」座談会、プロジェクトレビューなど多岐にわたります。

暗黙知の獲得

Up to 42% of the knowledge that professionals need to do their jobs comes from other people’s brains – in the form of advice, opinions, judgment or answers. The Delphi Group

暗黙知とは、表現したり共有したりすることなく知識を持っていることです。プロセスのショートカットを作成し、その知識を共有せずに何年もかけて改良してきた人は、その日のうちに会社に損害を与えていることになります。暗黙知を逃がしてはいけません。

ベストプラクティスの方法やテクニックの伝達を促進するために、上級社員と若手社員の連携を図る。分析から、最適なアプローチ、成功裏に解決するまでのすべての基本的なステップを文書化することで、思考を可視化する。各プロセスは、適用される問題の要求を満たすように設計され、反復可能でなければならない。

技能伝承のための共通基盤としてのシミュレーション研修の活用

シミュレーション、ゲーミフィケーション、その他の体験型学習技術は、従業員が学習したスキルを、リスクが少なく、失敗しても安全な練習環境で適用するのに役立ちます。学生はシミュレーションで学んだことを、平均して75%保持しています。

シミュレーショントレーニングは、世代を超えた学習に最適です。ミレニアル世代にとっては当たり前のテクノロジーを使って、団塊世代が教わった実践的な方法で実際のスキルを発揮することができます。ミレニアル世代は、自分のペースで学ぶことができ、好きなだけ自主学習に力を入れることができます。

テクノロジーに対応した未来の職場に必要なコア・スキルを保持する

新たなテクノロジーが仕事の風景を変えていく中で、多くの組織にとっての疑問は、「将来の職場のために、既存の従業員のどのような知識やスキルを保持しなければならないのか」ということかもしれません。過去に従業員を貴重な資産にした中核的なスキルは、組織の将来の成功の基盤となるでしょう。

テクノロジーはすべての問題を解決できるわけではなく、むしろ新たな問題を生み出すことになるでしょう。批判的に考え、複雑で時間的制約のある問題を解決する能力は、これまで以上に重要になるでしょう。トレーニングやメンタリング、OJTを通じてこれらのスキルを維持することで、若い従業員が変化を受け入れ、テクノロジーが発達した職場での新たな課題に適応するための準備が整います。

知識移転計画の位置づけに留意する

団塊の世代に知識移転のアイデアを紹介する際には、彼らに参加を呼びかけ、プロセスに参加してもらうことが重要です。中には、知識を共有することで自分の雇用保障に影響するのではないかと心配する人もいるかもしれません。しかし、時間をかけて彼らの価値と遺産を強調し、すべての年齢層の従業員が知識の提供者と受領者として参加することを指摘してください。

新世代と旧世代の間に強い敬意を払った関係を築くことで、過去の教訓を守り、未来のリーダーに伝えることができるのです。

Prepare your workforce for the future

Skills for the future of work

Simulation training giving team members hands-on experience without the risk 

 

Kepner-Tregoeについて

Kepner-Tregoe社は、60年以上にわたり、実証済みの構造化された問題解決のアプローチを通じて、組織に力を与えてきました。問題解決のリーダーとして、KTは何千もの組織が、より効果的な根本原因の分析と意思決定のスキルによって、何百万もの問題を解決するのを支援してきました。トレーニングとコンサルティングを組み合わせた独自の手法により、お客様は効率性、品質、顧客満足度の向上とコスト削減を実現しています。

ブログ画像1
バイバイ・ブーマー。職場での世代交代への対応
ブログ画像1
5 Tips to Benefit the Most from the Millennial Mindset

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから