計画的なシャットダウンにより、スケジュールを7日短縮

金属・鉱業

挑戦

ある大手鉄鋼長尺製品メーカーと金属販売会社は、市場での確固たる地位を維持し、製品の需要を満たすための方法を積極的に模索していました。同社の製鉄所では、計画的なシャットダウンにより満足のいく結果が得られていましたが、同社はより良い方法を模索していました。操業停止期間を短縮することで、急な製品需要にも対応できる。しかし、この課題は、新しいシャットダウン・コーディネーターのもと、新しいプランニング・チームという人事異動によって複雑なものとなった。

ソリューション

この製鉄会社は、計画と管理を改善することで、工場がこのようなシャットダウンの課題に対応できるよう、KT社に依頼しました。最初のステップは、シャットダウン計画を見直し、修正することでした。この見直しに基づき、KT社はプランナーと協力して、シャットダウンを監視する能力を高めるために詳細を追加しました。シャットダウン・コーディネーターが、詳細な計画から問題解決やその他のリーダーシップに焦点を移すために、コーチングとメンタリングを行いました。シャットダウンのステークホルダーがプロジェクトの進捗をモニターできるように、ビジュアルツールを導入して説明しました。シャットダウンの完了後、クローズアウトと評価の活動により、シャットダウン中に得られた教訓が収集され、将来のシャットダウンのための改善計画に発展した。

結果

このシャットダウンは安全に、予算通りに、予定の12日以内に完了しましたが、これは以前のシャットダウンよりも7日早いものでした。前倒しされたスケジュールは、ロスタイムや治療のための怪我もなく達成されました。今後のシャットダウンをさらに改善するために、改善の機会が設けられています。この経験は、シャットダウンチームとシャットダウン管理の新しい基準となりました。各地域の経営陣からは、これまで見てきた中で最高のシャットダウンだったとの評価をいただきました。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから