Kepner-Tregoe社、トラブルシューティング・シミュレーションの新製品を発売

1月 25, 2017
スライダーImg

問題解決の概念を習慣化することは難しく、学習者は優先順位の違いに追われて以前の行動に戻ってしまうことがよくあります。トレーニングから戻ってきた学習者が直面する最大の課題の一つは、新しいスキルを仕事で使うことである。これは、複雑でプレッシャーの大きい環境では、さらに困難なことです。

Kepner-Tregoe社は、シナリオベーストレーニング開発会社であるSim4People社と提携し、KT社の「原因分析」と「状況評価」のプロセスに沿って構築されたシミュレーション体験を提供しています。

KTトラブルシューティング・シミュレーションは、ウェブベースの学習ソリューションで、KTの問題解決プロセスを迅速に使用する必要がある15以上のデジタル・ロボット・シナリオを学習者に提示するもので、それぞれ難易度が異なります。トラブルシューティング・シミュレーション」は、KT社が「失敗しても大丈夫」と呼ぶ、コントロールされたアプリケーション環境で、最新世代のアジャイルな問題解決方法を実践するものです。同時に、企業は現世代のトラブルシューターのニーズに対応し、グループでの効果的なコラボレーションを構築することができます。また、実物をご覧になりたいお客様には、ロボットの実物をお届けすることも可能です。

ストラテジー&サービス・エクセレンス担当バイス・プレジデントのクリストフ・ゴールデンシュテルンは、「KTトラブルシューティング・シミュレーションは、テンポの速い学習環境における実際の問題解決のプレッシャーや課題をシミュレートする問題解決ソリューションのポートフォリオに、"アジャイル・アプリケーション "という新しい要素を加えるものだと考えています。

KTトラブルシューティング・シミュレーション」の提供を開始しました。KTトラブルシューティング・シミュレーション」の詳細は、以下のサイトでご覧いただけます。 KTトラブルシューティング・シミュレーション のページをご覧ください。

プレスリリースを見る 

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから