プレッシャーの中で正しい考え方をする

厳しい選択 オペレーショナル・エクセレンスの実現

オリンピック選手は、1週間、1日、あるいは9.8秒といった特定の期間、優れたパフォーマンスを発揮することに集中します。競技中は非常に大きなプレッシャーがかかり、時には考える時間も奪われます。しかし、それは彼らがあらゆる事態を想定してトレーニングしてきたからこそ、本能的にできることなのです。集中力、ルーティン...すべてが準備されているのです。そして、できる限りのことをしたという安心感から、リラックスすることができるのです。

ビジネスでは、リラックスしている余裕はありません。競争相手は週の終わりになってもパフォーマンスを止めません。オペレーショナル・エクセレンスの達成は、エアバスA380を30,000フィートで飛行しながら改修するようなものだと言われています。そのプレッシャーにどう対処すればいいのでしょうか?ビジネスでは、競争しながら準備をしなければなりません。もし人々や組織がこれらのプレッシャーに対する準備ができていなければ、成績の上がらないスポーツ選手のように、十分なパフォーマンスを発揮できません。

このプレッシャーに備えるために、ここではオペレーショナル・エクセレンスを達成するために必要な、重要で厳しい、再三にわたる5つの選択を紹介します。

1. What do we want to achieve in our operational excellence journey?

私たちの目標は何ですか?現在目標としている最終結果は何ですか?目指すゴールを組織全体で理解し、共通の目的のためにすべてのリソースを調整しなければなりません。

ある鉄道業界の製造業者は、部品から完成品までのサイクルタイムが80日でした。しかし、5年間でこれを8日に短縮しました。彼らはプロセス全体の無駄を排除し、設計、エンジニアリング、サプライチェーンマネジメントのアプローチを再考しました。しかし、彼らは目標を持ってスタートしました。現在の目標は5日です。5年前の彼らからは考えられないことです。

2. How will we engage and sustain the involvement of the leadership team?

トランスフォーメーション・ジャーニーを成功させるためにリーダーシップ・チームと関わるには、膨大な量の信頼と敬意が必要です。人々が自分の言ったことを実行できるという信頼と、彼らがどのようにそれに取り組むかという敬意です。この信頼と尊敬によって、人々は信じることができます。

リーダーシップチームは、チームの成功のために頼りにしている個人のモチベーションが何であるかを知るべきです。そうでなければ、どうやって彼らを助けたり、逆に彼らを助けたりする最善の方法を知ることができるでしょうか?

10億ポンド規模の買収を計画しているある通信会社のCEOは、それまで働いていた会社の誰もが知っているようなシニアチームを設立していました。これらの人々は、彼を信頼し、尊敬し、信じているので、彼についてきます。彼らは皆、それぞれの分野で成功を収めており、ビジネスモデルをどのように変えていくかという点で一致しています。互いを信頼し、尊敬し、信じているからこそ、長期に渡ってそこにいるのです。

3. How will we scope the business process value stream and what are our priorities?

優先順位付けは、新しい現象ではありません。私たちは皆、それを理解しています。ビジネスに最も大きな影響を与えることを行い、今日の緊急性の高いことだけに集中するのではない。

プレミアム航空貨物に100万ユーロ以上を費やしていた自動車用電子部品サプライヤーであれば、何かが完璧に機能していないことに気づくのは難しいことではありません。このようなパフォーマンス低下の症状を取り除くためには、実際にどのような要因や原因があるのかを理解する必要があります。そのためには、ビジネスプロセスのバリューストリーム分析に焦点を当て、その範囲を広げることが不可欠です。境界、最終結果、入力を知ること。物事がどのように行われ、どのようなコストがかかるのかを調べる前に、これらの点から始めなければなりません。

4. How effectively will we measure success?

私たちは、アフリカにある大企業の農業部門と仕事をしています。彼らは、ビジネスの成果を測定することは重要ですが、それだけが変化の尺度ではないことを理解しています。結果が出るまでには相当な時間がかかるかもしれません。したがって、変化の先行指標を特定することが最も重要になります。彼らは、各変革プロジェクトにおいて、毎月ステークホルダーの評価を行い、プロジェクトチームのメンバーの行動が適切かどうかを把握し、自らが提唱する変革のロールモデルとしています。左のシンプルなモデルは、それを見事に表現しています。

効果的な変革を導くためには、ビジネスの結果を直接支えることがわかっている活動を直接支える行動、態度、スキル、知識に焦点を当てて、成功の測定を行いましょう。結果を管理するだけでは、求めている結果が得られなかったときに、根本的な行動、態度、スキル、知識を修正したり、コーチングしたりすることは非常に困難です。

5. What cultural behaviours do we need to build and sustain so that every day is our best day?

これらの文化的行動は、会社が宣言した戦略的必須事項と緊密に連携している必要があります。

Kepner-Tregoe社は、印刷用インクの専門メーカーと仕事をしました。それまではスクリーンインクを供給していたが、スクリーンインクの工程では人の手が介在するため、製品の品質にばらつきがあっても許容されていた。しかし、未来のビジネスであるデジタルインクにはそのような贅沢はありません。インクの品質は常に優れていなければならない。そのためには、設計と製造のプロセスで文化的な転換を図る必要があった。つまり、100%(Right First Time)の哲学である。構造化された、規律ある品質手順が定義され、ビジネス全体に展開された。物事が正しく行われなかった場合、機械のユーザーは損害賠償を求めることになりました。では、最終的にはどうなったのか?これらの行動は、スクリーンインキ製造における仕事のやり方の一部となり、それに伴う効率とスループットの向上につながった。

結論から言うと

プレッシャーがないときに正しいことを正しい方法で行わなければ、プレッシャーがかかったときに人々が正しいことを行うことを期待することはできません。

効果的で断固とした行動には、常に明確な思考が必要です。しかし、明確な思考は、日常的な環境の中で洗練され、コーチングされ、実践されなければならないスキルです。つまり、人々が大きなプレッシャーにさらされ、時間がなく、反応する機会がほとんどないときに備えておくのです。

才能あるオリンピック選手は、トップレベルであっても具体的なコーチングを求めています。あなたとあなたのチームは、プレッシャーの中で考えるための準備をどれだけしていますか?早く考える。

関連

11 マニュファクチャリング・エクセレンスを阻むもの

組織の問題解決と意思決定におけるファシリテーターの価値とは

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから