思考プロセスの理解

「思考をプロセスとして捉える」は、チームやリーダーが、企業の目標を共有するために、機能や国境を越えて共同で考えることを可能にします。

「思考をプロセスとして捉える」は、ケプナー・トリゴーの基本的な考え方を具現化したものです。ケプナー・トリゴーの思考プロセスでは、KTクリア・シンキング、根本原因分析、状況把握のプロセスを集中的に一貫して行うことで、問題を素早く切り分けて解決策を見出すことを提唱しています。ケプナー・トリゴーの明確な思考プロセスは、組織の目標との戦略的な整合性を確保し、プロジェクト・マネジメントの指針となり、チーム間の協力を促します。

KTクリア・シンキングの方法論に不可欠なのは、業務やプロセスの優先順位付けと正確な評価です。プロセスとしての思考は、エグゼクティブやマネージャーがプレッシャーの中で素晴らしいパフォーマンスを発揮するためのツールと自信を与える体系的な分析のフレームワークになります。最終的に、プロセスとしての思考は、複雑なビジネス上の問題を迅速に解決し、成長を促進するための組織能力を構築することに重点を置いています。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから