シミュレーションで学ぶ、一流のトラブルシューター

新しいトラブルシューティング・シミュレーション手法は、「失敗しても大丈夫」な環境での学習を加速させます。

悲惨な結果を避けるために、パイロットは旅客機の操縦桿を握る前に何時間もシミュレーターで練習します。トラブルシューティング担当者は、現実の災害に備えるために、理論を学び、ケース・スタディに取り組みますが、システムが正常に機能しないときのプレッシャーを再現することはできません。Emel FirtinaとChristoph Goldensternは、「失敗しても大丈夫」な環境で学習を加速させ、組織に悪影響を与えない、この新しいケプナー・トリゴー・メソッドを紹介しています。

スライドを見る 

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから