サプライチェーンがNovartisのマーケットシェア獲得に貢献

医薬品

Novartis

競合他社が薬を市場から撤退させたとき、Novartisは市場シェアを獲得するために奔走しました。競合他社に勝つためには、サプライチェーンの各リンクは、厳しい時間的プレッシャーの中で持ちこたえなければなりませんでした。

Novartis Ringaskiddy Limited (NRL) は、原材料をNovartisの医薬品の原薬に変える重要な役割を担っています。このプロジェクトでは、NRLは重要なAPIの新しい製造プロセスを立ち上げ、検証しなければなりませんでした。

この新しいプロセスは、化学的にも設備的にもNRLで導入された中で最も複雑なものでした。これに加えて、納期が差し迫っていました。この薬に使われている原薬の製造には数週間かかります。

最初のバッチが完成したとき、品質は仕様通りでしたが、数量は目標の歩留まりを下回っていました。この歩留まりの問題を早急に解決しないと、さらに上のサプライチェーンへの供給量を確保することができません。

NRLはこの挑戦に備えていました。100人以上の社員がケプナー・トリゴーの問題解決プロセスのトレーニングを受けていたのです。彼らは、この共通のツールと言語を使って、問題を特定し、分析し、最終的には解決しました。このプロジェクトでは、彼らのスキルが真剣に試されることになりました。

プログラムリーダーのPat O'Sullivanは、プロセス化学者とエンジニア、工場長、生産監督者、新プロセスの専門コンサルタントからなる多機能トラブルシューティング・チームの進行役を務めました。歩留まりの問題を解決するという強い意志を共有したチームは、手動および自動バッチ記録、トレンド、開発レポート、生産シフトログなど、さまざまな情報源から得たデータを用いて、体系的な問題分析プロセスを実行しました。問題は解決され、「修正」が行われました。数週間後、最初の修正バッチが完成したときには、標準的な歩留まりを達成していました。バリデーションも記録的な速さで完了しました。

サプライチェーンは持ちこたえました。Novartisは、競合他社に先んじて市場に参入し、シェアを拡大し、売上は好調で、20%増加しました。歩留まりの問題は、その後一度も再発していません。

スコアカード

  • 新しい製造プロセスを記録的な速さで検証
  • マーケットシェアの拡大
  • 製品売上が20%増加
  • イールド問題は再発していない
  • NRLの受賞歴と評価

関連する
成功事例

医薬品
画像1
システマティックなアプローチで次世代の医薬品を狙う
医薬品
画像1
体系的に分析を行うことで、迅速に結果を出すことができます。
医薬品
画像1
KTと連携して変化をプロジェクトマネジメントする

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから