リオティント社 ケネコットユタ・カッパー・カッパートン精錬所

金属・鉱業

クライアント

リオティント社のケネコット ユタ カッパー カンパニー(KUCC)は、米国第2位の銅生産会社であり、現在、米国の全銅供給量の25%を供給しています。ソルトレイクシティ・バレーに位置するKUCCは、操業開始から108年の歴史を持ちます。銅の生産量は1,900万トンで、世界のどの鉱山よりも多く生産しています。濃縮工場で処理された鉱石からは、毎年26万9000トンの銅、50万オンスの金、400万オンスの銀、2800万ポンドのモリブデンが生産されています。

挑戦

ケネコットユタカコッパーは、ビンガムキャニオン鉱山の精錬プラント、製錬所、精製所を運営しています。この鉱山からの鉱石はスラリーに濃縮され、製錬プロセスが行われる場所まで配管され、その後精錬所に送られます。製錬所の稼働率を維持するためには、精鉱段階での効率的なオペレーションが重要です。濃縮装置の停止は年間36回にも及びます。これは、重要な設備を維持するために必要な修理やアップグレードを行うためです。

ビンガム社の問題は、ダウンタイムの長さが全体のプロセスのボトルネックになっていることでした。生産プロセスが停止すると、銅やその他の関連材料の販売も停止し、数百万ドルの収益が失われます。KUCCには強い企業文化があり、仕事に情熱を燃やす高い技術を持った経験豊富なスタッフがたくさんいます。しかし、そのような努力にもかかわらず、シャットダウンのプロセスでは、時間、コスト、範囲にばらつきがありました。この結果を改善するために、KUCCはケプナー・トリゴー(KT)を招き、状況を把握してチームと協力してボトルネックを解消することにした。

ソリューション

KT社は資産管理チームと協力して、KUCCのシャットダウンプロセスの拡張版を特定、開発、導入しました。その目的は、集光器プラントのシャットダウンと再起動というメンテナンスサイクルを成功させることでした。KUCCのチームと緊密に連携してシャットダウン管理の日常業務を行い、定義と計画に重点を置きました。主なプロセスステップには、目的の策定、詳細な作業内訳を含むサブプロジェクトの策定、リソースの制約と平準化、リスク評価と実施などが含まれます。プロセスの設計と実装には、可視化されたプロセスマップの作成、新しいシャットダウンプロセスと既存のKUCCシステムとの統合、社内チームとのすべてのタッチポイントの管理などが含まれます。利害関係者との綿密な調整により、組織のニーズを確実に取り込み、期待値を設定することができました。

シャットダウンを成功させた後の次のステップは、将来的にシャットダウンを成功させるためのKUCCのスキルを向上させることでした。これは、シャットダウンチームへの毎日のオンサイトコーチングとメンタリングによって達成されました。KT社のLearn and Doアプリケーションを使用して、シャットダウンの定義、計画、実施についてチームメンバーを指導しました。このアプリケーションは、以前の計画では見えなかったシャットダウンの多くの重要な側面を特定するためのフレームワークを提供した。

新しいプロセスが導入され、すべてのチームが連携したことで、オーナーシップと日常管理がシャットダウン管理コーディネーターに移行した。KTはKUCCの経営陣を指導し、新しいプロセスを組織のDNAに組み込み、改善を持続させた。チームメンバーには、個人やグループへの質問の仕方、適切なデータの集め方、成功への障害を特定して取り除く方法、継続的な改善策の監視と実施方法などが指導されました。

最後に、持続可能性を確保するために、シャットダウンプロセスの監査を行い、ギャップ分析を行いました。その結果に基づいて、チームメンバーは改善の機会が存在する分野に集中するように指導されました。

結果

このコラボレーションと導入が功を奏しました。シャットダウン・プロセスの導入により、導入初年度に1億2,000万円以上のコスト削減に成功しました。シャットダウン・パフォーマンスに関する主要業績評価指標(KPs)は、前年よりも向上しました。チームパフォーマンス(オンスコープ、オンコスト)が60%改善した。シャットダウンの管理業務の負荷が50%以上減少したため、チームメンバーはコスト削減や収益増加など他の分野に集中することができました。KUCCのコア・バリューである強固な安全文化を推進するために、全事故発生率(AIFR)が改善された。

濃縮プラントは、もはやプロセスのボトルネックではないところまで改善されました。ストレスが軽減されたことで、チームの自信が高まりました。KUCCでは、ビジネスを積極的に管理できるようになったことで、自信を取り戻しました。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから