プロジェクト・オーバーロードからプロジェクト・コントロールへ

消費財

クライアントインターナショナル・ビバレッジ・カンパニー

国際的な飲料メーカーのリーダーは、製品開発を改善したいと考え、ケプナー・トリゴー(KT)に注目しました。慢性的なプロジェクトの過多とプロジェクトのパフォーマンス不足が、新製品の成功を妨げていたのです。KTは、ベスト・プラクティスと現在の製品開発プロセスを比較し、パフォーマンスのギャップを特定し、製品管理の多面的な改善計画を共同で策定することを支援しました。

この新しい体系的なアプローチは、戦略と製品開発を結びつけ、プロジェクトを選択するための明確で優先順位の高い基準を提供します。高いレベルでのポートフォリオ管理と合意されたプロセスにより、製品開発パイプラインを通じてプロジェクトを導いています。慢性的なプロジェクトの過負荷は、リソースの使用と割り当てを改善し、リスク管理、プロジェクト管理ツール、プロジェクトモニタリングをプロセスに統合することで克服されました。当社は、知識を集めて共有し、得られた利益を評価することで、成功を積み重ねていく態勢を整えています。

この改善は、マーケティングを重視する組織の人間重視の姿勢を反映しています。プロジェクトに携わる人々は、プロジェクトマネジメントのトレーニングを受け、プロジェクトの役割と責任が明確に定義されています。製品開発の変更を日常業務に統合するソフトウェアは、人とプロジェクトの両方のパフォーマンスをサポートします。今回の改善に対する最初の反応は、熱狂的で歓迎すべきものでした。適切なプロジェクトが準備されており、より多くのプロジェクトが成功するという新たな自信が生まれています。

結果

  • 新しいプロセスアプローチが「マーケター」の環境に受け入れられました。
  • 製品開発プロセスをシステムソフトウェアに統合することで、日々のオペレーションにプロセスを統合することができました。
  • プロジェクトの過負荷を避けるため、リソースが適切に使用されました。
  • 合意された基準に基づいて意思決定が行われるため、トップマネジメントが意思決定を委任しました。
  • 将来性のない、戦略から外れたプロジェクトは、中止または延期されました。
  • プロジェクトチームは、その理由を理解し、次に進もうとしました。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから