金融サービス

金融サービス

価値創造のケーススタディ

クライアントUSマネーセンター銀行
繰り返されるシステム障害により、数百万ドルの損害が発生する危険性

米国のあるマネーセンター銀行では、システム障害が繰り返し発生し、国際的な通貨交換サイクルが中断していました。この銀行は、Kepner-Tregoeプロセスを使用して、システム障害を解決し、為替サイクルを回復させました。この障害による損失は莫大なものになる可能性があった。問題を迅速に解決したことで、この銀行は数百万ドルの金利収益を確保することができました。

スコアカード

  • 国際通貨交換サイクルの復元
  • 百万ドルの金利差益を計上。

クライアント金融サービス会社
対立を解決するためのプロセスアプローチ

Kepner-Tregoe状況評価プロセスは、米国東部に拠点を置く地域金融サービス企業の2つのソフトウェア開発グループ間の議論の焦点となりました。このグループは、同社のリテール銀行向けの新しいソフトウェアリリースの調整を求められていましたが、合意には至りませんでした。

数週間にわたって意見が対立した後、会議室で5時間、ファシリテーターが状況判断のプロセスを指導しました。その結果、各グループは、トップマネジメントが注目し、意思決定すべき主要な懸念事項を明確にして優先順位をつけ、導入プロセス、次のステップ、および責任についてコンセンサスを得ることができたのです。

スコアカード

  • 復活した顧客サービス
  • $375,000のワークアラウンドを回避しました。

クライアント合併する商業銀行
プロジェクト・プランニングの結果、合併は "トラブルフリー "に

ケプナー・トリゴー・プロジェクトマネジメントプロセスは、米国大手商業銀行2行の小切手換金・融資業務統合のプロジェクト計画策定に、6週間かけて使用されました。

合併作業は6カ月かかった。ウォールストリート・ジャーナルに掲載されたこの合併に関する記事によると、同ジャーナルがこれまで取材した中で「最も問題のないバックオフィス業務の合併」であったという。6週間を合併の計画に充てたことで、銀行は計画を実行に移し、時間通り、予算通りにプロジェクトの目標を達成することができた。

スコアカード

  • 事前の計画が功を奏し、スムーズなプロジェクトが実現
  • プロジェクト目標をオンタイムで達成した
  • バックオフィス業務統合の新基準となったプロジェクト
  • 合併がうまくいったことで、積極的な広報活動が行われた

 

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから