北米最大級の発電所を大幅に改善

電力

Nanticoke発電所

クライアント

Ontario Power Generationが所有するNanticoke発電所は、北米最大の石炭火力発電所です。8基の発電機で250万世帯の1年間の生活に必要な電力を生産することができ、現在Ontario州の18%の電力を供給しています。

挑戦

操業上の問題や環境問題が深刻化する中、工場は迅速かつ劇的な改善を必要としていました。工場の経営陣は、ケプナー・トリゴーと協力して、一連の業務改善に取り組むことになりました。

ソリューション

ケプナー・トリゴーは、世界中の発電所と協力して、新たなレベルの効率化、長年の問題解決、品質の向上を実現してきました。経営陣をはじめ、約200名の社員がケプナー・トリゴーの「問題解決と意思決定」の研修を受け、10名のリーダーがKTプロセスの使用を促進するためのプロセス・コンサルタントとして研修を受け、KTプロセスの使用を促進するためにKT eThink®エンタープライズ・ソフトウェアを導入しました。

KTプロセスを用いて、作業員から経営陣までが、機器の性能から人や作業プロセスの問題まで、さまざまな問題に取り組み始めました。課題を特定し、KTプロセスを用いて持続可能な結果を迅速に達成することで、組織全体で様々なオペレーションと環境の改善が行われました。

結果

100以上の迅速なプロセス演習により、大幅な改善、数百万ドルのコスト削減、環境基準の改善が実現しました。その一例を紹介します。

  • 工場の需要を満たすためにレンタルの圧縮空気システムに依存するようになったとき、チームはKT意思決定分析を使ってより良い代替案を探しました。年間16万ドルのコスト削減と信頼性の向上、そして環境負荷の低減を実現しました。
  • 金属毒性が工場の灰池を脅かす中、KT問題分析がその原因を特定し、KT決定分析が最適な改善策を決定するためにチームを支援しました。100万ドルかかると見積もられていた水処理装置の変更案は排除され、毎年3~4回発生する毒性に対する最高10万ドルの罰金が回避され、規制当局の信頼が改善されました。
  • 同発電所では、KTプロセスを用いて、設備が使用できないために失われる生産量の指標であるEFOR(Equivalent Forced Outage Rating)を迅速に削減するために指定された140万ドルの最も効果的な使用方法を特定しました。優先順位の高いものを特定するためにKT状況把握を、最適な改善プロジェクトを選択するためにKT決定分析を使用し、チームはEFORを2%削減し、520万ドルの収益増加に貢献しました。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから