BJC Healthcareでのプレッシャー下での意思決定

医療機器

クライアント

BJC Healthcareは、米国最大の非営利ヘルスケア組織のひとつで、13の病院と複数の地域医療拠点を擁し、St. Louis市を中心に活動しています。全国的に有名な学術病院であるBarnes-Jewish HospitalとSt.Louis Children's Hospitalは、Washington University School of Medicineと提携しています。

挑戦

アライグマ、火事、変圧器が絡んだ異常事態により、13の病院といくつかの地域医療拠点が停電し、数千人の患者さんの治療と数千人の従業員に影響が出ました。停電の際、電源への標準的な「ホット・スイッチ」フリップが何らかの理由で故障し、医療システムは発電機の電力で稼働することになりました。これはハイリスクで、容認できない状況でした。

時間が経つにつれ、プレッシャーが高まっていきました。ステークホルダーはもはやベンダーの問題解決能力を信用しておらず、ベンダーやサプライヤーのサポートに不安を感じ、最善策の決定を自ら行わなければなりませんでした。時間が経つごとにストレスは増していきました。

不信感はITプロセスに限ったことではありません。BJCがファシリテーターを招き、KT決定分析を使って進むべき道を示そうとしたとき、意思決定者(ハイレベルのステークホルダー、ITベンダー、ITマネジメント、専門家からなるチーム)の中にはこの手法に反対する者もいました。分析を始める前に、KTプロセスに反対していたあるチームメンバーは、最終的に選択されると思われる代替案を書き留めました。

ソリューション

BJCのKTトレーニングを受けたファシリテーターは、意思決定者が代替手段を評価し、リスクを評価し、最終的な意思決定を行うのを支援しました。チームは収集したデータを使用し、タスクを2つの分析に分けて許容できるリスクを評価しました。1つは電源への切り替えを実現するための最適な方法、もう1つは切り替えを行うための最適な時間を決定する方法です。

KT決定分析は大成功で、電力は回復し、問題は解決されました。ケプナー・トリゴーの体系的な厳密さにより、客観的な一貫性が保たれ、変動が抑えられ、ミッションが明確にされたのです。必要な専門知識を持った適切な人材が、その場にいました。CIOを含む、その場にいなかったハイレベルなステークホルダーは、意思決定の背景にある考え方を詳しく説明しました、一貫性のある、整理され、明確な情報を受け取ることができました。KT決定分析の使用に反対していたチーム・メンバーは、分析前に書き留めていた解決策をすぐに放棄し、今では転向しています。彼のソリューションは、当初多くの利害関係者から支持されていましたが、情報システムのリソースとして7,000時間と265,000ドル、病院のリソースとして26,560時間と660,000ドルを追加で使用することになります。患者の安全性、従業員の生産性、その他のリスクに対する追加的なドルでの影響を測定することは困難です。

KTプロセスの有効性に対する疑問は消え、KT決定分析に関わる人々は、組織全体で積極的にKTプロセスの使用を推進しています。

スコアカード

医療業界では、意思決定があっという間にハイリスクなゲームになってしまいます。KT決定分析をを使って、BJC Healthcareは、

病院の時間とリソースの80万ドル以上の節約。

患者様のリスクの大幅な低減。

リスク管理の客観性の保持。

多様なチームの合意形成。

主要なステークホルダーの意思決定の経緯を理解するための構造提供。

関連する
成功事例

医薬品
画像1
システマティックなアプローチで次世代の医薬品を狙う
医療機器
画像1
多すぎるデータ、多すぎる代替案

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから