卸売業で競争優位に立つためのポイントとは?

1月 30, 2012
スライダーImg

考える組織」になるためには、企業は明確な思考が自然にできるとは限らないことを認識する必要があります。

効率を高め、生産性を向上させ、最終的な業績を向上させるための鍵は何でしょうか? 卸売販売?トップからボトムまで "クリア・シンキング "のプロセスを採用。

Kepner-Tregoe社のCEOであるRay Baxter氏は、Industrial Distributionのウェブサイトに掲載されたインタビューで、情報がすぐに、そして広く入手できる時代に、「明確な思考こそが最後の競争力」だと説明しています。

「しかし、永続的な成果を得るためには、トップからボトムまでよく理解されたプロセスが必要です」とバクスターは言います。

バクスターが伝えようとしているのは、企業が競合他社の動向に対応するためには、しっかりとした経営体制、つまり「考える組織」が必要だということだ。それは部分的には正しい。各企業の状況は少しずつ異なります。ある企業は流通の現場にいて、最大手だから、あるいは製品を最も早く運べるから成功している。また、単純に競争相手がいないから成功している企業もあります。

しかし、本当の意味での競争力を高めるためには、残効性を見極めずにアイデアを実行してしまうようなリーダーシップを発揮することが大切です。 テクノロジーをどのように使うかを考えることは重要です。例えば ディストリビューションERP 実装する場合、企業は時間をかけてビジネスプロセスをクリーンアップする必要があります。テクノロジーを最大限に活用する方法を考えなければなりません。

考える組織」になるためには、明確な思考が自然にできるとは限らないことを、ディストリビューターは認識する必要があります。熟練した経営者であっても、判断ミスや意思決定の誤りにつながる自然なバイアスを持っています。

バクスターは、Industrial Distribution誌の記事の中で、「このような明確な思考プロセスを組織のトップからボトムまで組み込むことは容易ではありません」と述べています。「幹部のリーダーシップと長期にわたるコミットメント、そしてビジネスのあらゆる既存のプロセスに明確な思考プロセスを組み込むことが必要です」。

バクスター氏によると、このようなコミットメントをすることで、ディストリビューターはより焦点を絞った戦略的な意思決定を行い、イニシアチブをより早く実行し、サプライチェーンの問題をより早く解決することができるという。

出典はこちら。 インダストリアル・ディストリビューション2012年11月

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから