ライブウェビナーKepner-TregoeメソドロジーがITの安定性を促進する方法

2月 29, 2016
スライダーImg

ITサポート機能のツボを押さえた効果的な解決策をお探しですか?そこで、Kepner-Tregoe(KT)の出番です。3月4日(金)に開催されるライブ・ウェビナーに参加し、インシデントや問題の処理における構造的かつ体系的なアプローチによって、いかにITの安定性を高めることができるかを学んでください。

KTの方法論は、技術、製品、チーム間で拡張可能な中立的なツールセットです。KTのプロセスを利用したお客様からは、Time-To-Closeの短縮、First Time Fix率の向上、No Fault Foundの削減、顧客満足度の向上、運用コストの削減など、主要なパフォーマンス指標の改善について多くの報告を受けています。

登録

この1時間のライブウェビナーに参加すると、発見があります。

直面した複雑で大量の問題や事件に対処するために、クリティカルシンキングRCAに基づく方法がどのように役立つか。

プロアクティブなアプローチで問題やインシデントに対処することで、より良い意思決定を行い、ビジネスへの悪影響を最小限に抑える方法について説明します。

スピーカー

チャン・キット・ホン氏は、地域の多くの多国籍企業で、KTクリティカルシンキングアプローチの移転と適用に取り組んできました。テクニカルサポートの従業員がKTプロセスの理解を深め、インシデントや問題管理の環境下でそれらを適用できるよう支援してきました。トラブルシューティング、ファシリテーションの指導、タイムプレッシャー下で結果を出すことのできる効果的なトラブルシューティング・チームの育成を指導しています。

ノッティンガム・トレント大学で電気・電子工学の優等学位を取得し、プロジェクトマネジメント協会のプロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)、ITILのV3ファンデーション、オペレーショナルサポート&アナリシス(OSA)など数々の業界認定資格を保有しています。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから