itSMF USA根本原因分析サミットfeaturing Kepner-Tregoe

9月 21, 2015
スライダーImg

itSMF USA Problem Management Groupは、今年2015年9月30日にBrightTalkで、業界をリードする2つの構造化RCA手法を取り上げた合同Root Cause Analysis Summitを実施します。

アクセス記録

カスタマーサポートの現場では、IT担当者は常に問題やインシデントに対処するための適切なツールセットを探しています。以下の根本原因および問題分析の方法論は、あらゆる問題やインシデントに対処するための構造化された、技術に依存しないプロセスを提供します。問題の根本原因をより効率的に把握することは、より恒久的な解決策につながり、繰り返されるインシデントを減らし、ITの安定性を高めるのに役立ちます。

2015年9月30日2:00PM~3:00PM(東部時間)にご参加ください。

Kepner-TregoeのChristoph GoldensternとStefan Brahmerが、ITサポート部門における根本原因分析の役割、彼らが直面するプレッシャー、さまざまなRCAやトラブルシューティングの手法を展開する際の目標や特定の結果に対する必要性について話します。さらに、プレッシャーの大きい、複雑なプロセス駆動型のサービス環境において新しいスキルを採用する際の課題や、コーチングやシミュレーションを通じてトレーニングの理論と現場での熟練度とのギャップを克服する方法についても説明します。

Kepner-Tregoeに登録する

講演者プロフィール

Christoph Goldenstern ケプナー・トリゴー社(KT)の戦略担当グローバルバイスプレジデントであり、KTのエグゼクティブリーダーシップチームの一員です。ニュージャージー州プリンストンを拠点に、KTのグローバル戦略、製品、マーケティングを統括している。この役職に就く前は、さまざまなハイテク産業の顧客に、サービスエクセレンスの分野で戦略的・業務的改善を達成するためのコンサルティングと能力開発サービスを提供するグローバルコンサルタントチームを率いていました。

Stefan Brahmerは、Kepner-Tregoe EMEAのシニアコンサルタントである。テレコムおよびテクノロジー分野の顧客向けに、サービスエクセレンスソリューションの設計、指導、管理を専門としています。主な専門分野はメジャー・インシデントおよび問題管理で、ベンダーサポートを含む情報サプライチェーン全体をカバーするインシデントおよび問題管理環境において予測可能なパフォーマンスをサポートするソリューションを提供しています。

オンラインでitSMFに参加する。

ITサービスマネジメントフォーラム 

itSMFリンクトインフォーラム

itSMF onTwitter  

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから