8D-Problem Solving - VDAが推奨するKepner-TregoeのISとIS NOT

11月 24, 2020
スライダーImg

ドイツ自動車メーカー協会(VDA)は、その規格「8D - Problem Solving in 8 Disciplines」において、複雑な問題を解決するためのベストプラクティスを規定しています。特にクレームの場合には、8Dプロセスの段階を踏んで、その結果を適宜文書化することが重要です。

このウェビナーでは何が期待できるのでしょうか?
- Kepner-Tregoeプロセスが8D分析にどのように役立つかについての洞察
- 問題解決におけるIS / IS NOTの役割の理解
- D4の中心的なツールとしてのKepner-Tregoe問題分析 - 根本原因分析
- VDAは8D問題解決のためにKepner-Tregoe IS / IS-NOTを推奨しています。

 

Kepner-Tregoeのその他のイベント

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、詳細、ご提案はこちらから