KTプロセスの単独使用とチーム使用
金賞
Yanfeng, Holland MI, USA と Ramos, MX

迅速な問題解決により、数百万ドルを節約し、信頼性を高め、安全基準を維持することができました。

Yanfeng(旧Johnson Controls)は、インスツルメント・パネルやコックピット・システム、ドアパネル、フロアコンソール、オーバーヘッド・コンソールなどの自動車内装部品の設計・製造を行っています。KTプロセスは、継続的改善の主要なツールです。

インスツルメント・パネルのエアバッグ・カバーのビニールが剥離して気泡が発生した問題は、単なる外観上の問題ではありませんでした。当初は接着剤が原因とされていましたが、製品の安全性を確保するために必要なKT問題分析を行ったところ、報告書の中に、様々な接着面の中で、ある1つの面だけに接着不良が発生していることが記載されていました。材料分析の結果、この表面が適切に処理されていなかったために接着が失敗したことが判明しました。この問題は、サブ・サプライヤーの材料不良によって発生したものであり、問題はわずか数時間で解決しました。

 

 

もし問題が長引き、根本的な原因が見つからなければ、「船が止まる」ことになり、追加コストが発生するところでした。

体系的なKTアプローチのスピードと明確さは、サブ・サプライヤーがどのようなステップを踏むべきかを保証し、正確かつ迅速に問題を解決する能力に対するYanfengのクライアントへの信頼を高めました。

銀賞
BNY Mellon(米国New Jersey州Jersey City)

体系化された根本原因分析により、ITシステムの安定性が大幅に向上

BNY Mellonは、投資のライフサイクルを通じてサービスを提供するグローバル・リーダーであり、世界最大のアセット・カストディアンです。ITインフラの安定性を向上させるため、同組織のグローバルITトラブル・マネジメント・チームは、根本原因分析と文書化に対するケプナー・トリゴーの体系的アプローチを採用し、問題「管理者」を「解決者」に変え、トラブル・マネジメントを分散型から集中型モデルへと移行させました。

 

 

結果は劇的でした。24時間以内に開始した根本原因分析は90%に増加し、75%は5営業日以内に完了しました。根本原因分析を完了するまでの平均日数は、全体で72%改善されました。最終的に、重大インシデントが38%減少しました。

銅賞
Obeikan - Elopak, Riyadh, Kingdom of Saudi Arabia

アナリティック・トラブルシューティングが「原因ジャンプ」に取って代わります 

Obeikan - Elopakは、北アフリカや中東の顧客向けに、賞味期限の短い生乳やジュースによく使われるピュア・パック・カートンを製造しています。同社は、マニュファクチャリング・エクセレンス・プログラムの一環として、ケプナー・トリゴーのアナリティック・トラブルシューティング(ATS)をまずマネジャーや一部の担当者に導入し、その後、ATSのトレーニングを受けたパイオニア社員からなる部門横断的なチームを結成して、重要な問題が発生した際に解決させることにしました。

 

 

製造工程で不良品が激増したとき、現場のリーダーは過去の経験に基づいて原因を考え、作業員は別の説を考えていました。しかし、クロスファンクショナルなパイオニア・チームが行ったKT問題分析では、どちらの説も誤りであることがすぐにわかりました。そして、真の原因を突き止め、短期的、長期的な修正を行った結果、再発することなく、問題解決能力に大きな自信を持つことができました。

KTプロセスの組織展開
金賞
米国Wisconsin州

KTプロセスによる州のリーン・イニシアティブがミリオン・ドルの削減に貢献

Wisconsin州が州政府の無駄をなくすためにリーン・イニシアティブを取り入れて以来、KT「問題解決と意思決定」はリーン・イニシアティブの強固なコスト削減の約半分に貢献していると言われています。2014年の時点で、このプログラムは116,000時間以上のスタッフ時間を節約し、641のプロセス・ステップを排除し、50%のバックログを削減し、$230万ドルを節約しました。

 

 

州のさまざまな部署で数千人の職員がリーンのトレーニングを受け、さらに300以上のプロジェクトが進行中、もしくはは2015年に計画されています。同州は現在、他の州や知事に対してKTプロセスとリーンの活用を提唱しています。

銀賞
HealthShare Enable NSW, Parramatta, AU

目標とするパフォーマンスの改善は、ステップ・チェンジの改善をもたらします。

HealthShare Enableは、オーストラリアのNew South Wales州で4万人の障害者に補助器具を提供しています。この組織は、ケプナー・トリゴーの目標達成型パフォーマンス改善、ビジネス・プロセス改善、プロジェクト・マネジメント、問題解決と意思決定を用いて、段階的な改善を推進し、約100人のスタッフで100万円相当の劇的な効率化を実現し、顧客サービスを向上させました。

 

 

例えば、600件以上あった申請書のバックログを100件以下に減らし、補助器具・機材の平均処理時間を30日以上から約5日に短縮しました。さらに、KTプロセスは、組織内の将来のリーダー育成のためのコア・コンピテンシーとして組み込まれました。

銅賞
Bombardier - Montréal、カナダ

トレーニングだけでなく、問題解決力の定着を図る

Bombardierは、電車と飛行機の両方を製造する世界で唯一のメーカーです。航空宇宙部門では、実績のある問題解決方法が求められる規制の厳しい業界であるため、ケプナー・トリゴーの問題解決と意思決定を採用しました。当初のKTプロセスの成功は時間の経過とともに薄れていったため、問題解決と意思決定を組織に定着させ、その使用に対する障害を取り除くために、試験的なガバナンス・モデルが開発されました。

 

 

このプログラムには、ケプナー・トリゴーのトレーニングだけでなく、中間管理職の週次レビュー、問題解決のためのコーチング、根本原因をより早く、より効果的に発見するための新しい役割と責任が含まれています。このガバナンス・モデルは成功し、次の拠点ではさらに迅速に展開され、問題解決担当者は年間の複雑な問題の平均解決数を2倍にすることができました。

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから