研究・開発者のためのマーケティング(KT-R&D マーケティング)

以下の形態で利用可能です。

  • 自社内研修
  • 公開コース
  • 集合研修

言語

JP

概要

効率的かつ効果的に顧客価値を産み出す「技術(テクニック)」、創造性を元に適切なテーマを産み出す、計画を立て実行する「手順(プロセス)」を組み合わせることにより、テーマ設定力、アイディア発想力、マネジメント力を高める、新商品/新事業の成功確率を持続的に向上させる能力を養成いたします。

あなたが得るもの

  • 専門の講師による指導
  • デジタル・ツールやリソースへのアクセス
  • 学んだスキルですぐに仕事に活かせる応用力
  • 修了証書
  • 認定単位:1.4CEU
研修の形態
  • 日本
日付
  • 2022年9月26日~2022年9月27日
    東京
    JPN
    132,000  JPY
今後のワークショップの日程については、お問い合わせください。
参加者数
言語選択
日付
参加者数
合計
0

合計を見るには、国、日付、参加者数を選択してください。

合計を見るには、言語、日付、参加者数を選択してください。

この郡では、サービスは公式のKTライセンス取得者によって提供されます。

* 税引前

お支払いでクラスのお席を確保します。座席予約は72時間有効です。

ワークショップの詳細については、お問い合わせください。

  • 対象者

    • マーケティング力を強めている若手/中堅の研究・技術・開発者の方々
    • 商品企画・事業開発部門で新商品・新サービス開発に携わる方々
    • 部下の商品開発力の強化お考えになっている管理職の方々
  • 習得できるスキル

    このワークショップにご参加いただくことにより、以下のような成果が期待できます。

    • 商品/事業開発における核心(コンセプトや目標が明確になる。
    • B2Cにおけるユニークで画期的な商品/事業作りのための合理的な情報収集の仕方がわかる。
    • B2Bにおける「御用聞き」ではない提案型開発に繋げるための合理的な情報収集の仕方がわかる。
    • 内外部環境の分析方法が身に付くことにより、客観性/説得性の高い分析資料ができる。
    • 複数のテーマ候補案を適切に評価することができ、優先順位が明確にできる。
    • 複数人数で建設的で効果的な新商品/新事業発想会議を開催することができる。
    • 「いまいちな」(抽象的な)開発テーマの事業価値の高いものへ練り上げる(修正する)ことができる。
    • やらされ感ではなく、納得性を持って積極的に開発業務に携わり、付加価値を提供することができる。
    • 開発テーマの技術課題へ落とし込み、論理的に技術の実現性を把握することができる。
    • ステークホルダーと良好なコンセンサスを取りながら、リーダー的存在として開発業務に貢献できる。
  • ワークショップの詳細

    期間2日

    学習ツールが含まれています。ワークショップ参加者全員にケプナー・トリゴーのタブレット・アプリを配布し、My KT会員になると、オンライン学習支援ツール(コーチング・ビデオ、ヒント、コツ、ワークシートなどにアクセスできます。

    認定クレジット1.4CEU

    トレーニングの形態:公開コース(集合研修)、お客様の拠点での自社内研修またはオンライン研修として実施できます。

     

  • お客様の声

    「KTプロセスは共通のアプローチを提供し、膨大なデータをふるいにかけ、鋭い質問をし、意思決定から感情を取り除くのに役立ちました。」

        - 消費財メーカーのCEO

     

    「以前は根本原因の評価を任されるのが怖かったのですが、今は違います。体系的なプロセスを踏んで、適切な人を巻き込めばいいのだとわかったからです。」

                                                                                           - メンテナンス・スーパーバイザー

お問い合わせフォーム

最近のハイライト

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから