アナリティックトラブルシューティング (KT-ATS)

提供形態

  • 自社内研修
  • 集合研修

言語

JP

概要

問題を解決し、再発を防止するためには、試行錯誤する時間はほとんどありません。ケプナー・トリゴーの分析的トラブルシューティング・ワークショップ(KT-ATS)では、問題の根本原因を突き止め、それを恒久的に解決することで、生産現場の運用効率を絶えず向上させることができます。 このワークショップは、品質と生産性の取り組みを統合します。また、ケプナー・トリゴーのトラブルシューティング・アプローチは、特定の技術、機械、プロセスなどに依存しないため、統計的工程管理(SPC:Statistical Process Control)、リーン生産方式、シックスシグマ、TPM(Total Productive Maintenance)、SMWT(self-managed work team)、およびその他の手法のベースとなるスキルとして使用することができます。

特徴

  • 専門の講師による指導
  • デジタルツールや資料の利用
  • 製造現場での問題解決に必要なスキル
  • 修了認定
  • 標準2日間のコース

ワークショップの詳細については、お問い合わせください。

  • 対象

    品質マネジャー、システムアナリスト、専門技術者・技能者、問題管理/インシデント管理マネジャー、サービスデスクスタッフ、監査担当者、エンジニアなどの現場の最前線で業務を担う担当者から、生産設備のオペレーター、職工、保守担当者などのトラブルの初期対応にあたる担当者に最適です。

  • 成果

    • シックスシグマ、統計的工程管理、リーン生産方式などの他の手法のベースとなる、体系的なトラブルシューティング手法を習得します。
    • 問題の原因究明と優先順位付けを行い、問題を詳細に記述し、可能性のある原因を想定・テストし、不必要な時間を費やさないために理に適わない想定原因は取り除けるようになります。
    • 問題の種類を分類し、適切な情報を収集するために焦点を絞った質問を行えるようになります。
    • 将来の問題を回避するために問題解決後の考察の仕方を習得します。
  • 習得できる
    スキル

    • 問題の種類を特定するスキル
    • 問題に優先順位を付け、記述し、文書化するスキル
    • 可能性のある原因を想定し、テストすることで、手当たり次第の対応やコストのかかる対策を抑制するスキル
    • 将来の問題を回避するために問題解決後の考察を行い、講じるべき対策を評価し、選択するスキル
    • 目標を明確にし、賢明な候補案を見出し、リスクとのバランスをとれるスキル
    • 問題により、他の領域でも同様に影響を及ぼす可能性を見つけるスキル
    • 本質を見出す適切な質問を行うスキル
  • ROI (投資利益率)

    • 年間の産出量が13%増加
    • 9日間で1500万ドルの新製品ラインを立上げ
    • 重大な欠陥の損失を50%削減
    • 2年間で550万ドルの加工費削減を実現
    • 会社で最もコストのかかっていた不具合を解決し、130万ドルのコストを削減
  • お客様の声

    「ケプナー・トリゴーのATSのテクニックは、分析を行わずに、断片的な『情報』を頼りに、経験に基づいた問題解決をしていたこれまでのアプローチからの脱却に役立っています。以前のアプローチでは、問題が残ってしまったり、後で再発したりすることがよくありました。」

    – 消費財メーカー工場長

  • パンフレット

お問い合わせ
フォーム

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから