クライアント
成功事例

We Do,
ストーリーは語る

クライアントの成功事例では、ケプナー・トリゴーのコンサルティングやトレーニング・サービスが、どのようにしてターゲットとなるKPIの測定可能な改善をもたらしたかについての洞察が得られます。

クライアントの成功事例は業界別に構成されていますが、その多くは、デジタル化が進み変化するビジネス環境の中で、個人やチームが抱える問題や計画、意思決定に分析的思考を適用した結果、劇的な成果が得られたことを示しており、業界を超えて通用する内容となっています。

産業
すべてクリア
フィルター
産業
機能

Yanfeng Automotive Interiorsが3000%の投資収益率を実現

自動車
課題

競争の激しいビジネス環境では、世界の主要な自動車メーカーに優れた製品を提供することが、延豊オートモーティブ・インテリアに求められます。自動車の内装部品やシステムは、安全性と耐久性を確保するために厳しい基準で製造されなければなりません。このように品質への期待が高い場合、生産上の問題を抱えている時間はありません。Yanfeng Automotive Interiors社の最終的な目標は、世界20カ国、114の拠点で働く33,000人の従業員全員がKT社のPSDMプログラムのトレーニングを修了することだ。

結果

KT PSDMプログラムのROIを3,000%と主張するのは大げさに思えるかもしれませんが、プログラムも数字もわかりやすいものです。2017年10月の時点で、1年間にPSDMコースを修了した130人以上のYanfeng担当者のうち85人がプロジェクトを提出し、認定を受けています。年内には全体の90%が認定される見込みです。130件以上のプロジェクトが終了し、プロジェクトごとの平均収益は$10,000、中には$50,000にもなるものもありました。

自動車メーカー・サプライヤー

自動車
課題

自動車業界の複雑な問題を迅速に解決するために、クリティカルシンキングのスキルアップがどのようにグローバルに活用されているかをご紹介します。ADAC Plastics社、Corning Environmental Technologies社、Honda Motor Company社、Honda Motorcycles社のケーススタディでは、自動車業界で経験するさまざまな課題に対してケプナー・トリゴーの手法を用いて成功を収め、重要な問題を積極的に管理していることが紹介されています。

結果

KTは、管理能力の強化、問題解決の迅速化、目標達成の効率化に貢献しています。ある工場では、KTプロセスを導入することで、「フィット&フィニッシュ」の品質基準を達成・維持することができ、製造効率が向上し、不良が減少した。効果的なソリューションにより、市場シェアを拡大し、顧客満足度と安全性の新記録を達成した。

思考を変えてパフォーマンスを向上させる

航空宇宙・防衛
課題

航空宇宙産業では、品質に対する期待が非常に高く、顧客は最初から正しいものを求めます。問題を未然に防ぎ、高速で問題を解決するために、Fokker社のDriving QualityプログラムはKT法を採用した。不適合に対処するために、Fokker社は問題解決の成熟度を高めたいと考えていた。これは、問題に関する情報の質と完全性を向上させ、根本原因の分析を加速させ、適切な人材を適切なタイミングで関与させることを意味する。

結果

成功の要因は、不適合の大幅な削減であり、これにより年間数百万ユーロの節約になっています。 - 約450万ユーロのスピンオフコストの大幅削減 - 特定の部門において、3年間で最大70%の不適合(NC)を削減 - 生産工程の効率化 - 症状ではなく、問題の(根本的な)原因に構造的に取り組む

協調性、顧客志向、効率性、積極性を備えた組織に生まれ変わり、250万ドル以上のコスト削減に成功しました。

航空宇宙・防衛
課題

バージニア州マナサスにあるBAE Electronic Solutions (ES) 社は、防衛、航空宇宙、国家・国土安全保障の顧客のニーズを満たすために、エレクトロニクス技術の選択、取得、開発、応用におけるノウハウを活用しています。ES社では、複数のトラブルシューティング手法を使用していましたが、結果に一貫性がなく、時間がかかり、顧客は以下のことに気付いていました。

結果

18ヵ月の間に、BAE Manassasは68の皆生越事例を文書化し、そのうち10の大きな解決事例で200万ドル以上のコスト削減を達成しました。技術チーム間の交流が増え、生産性が向上し、士気が高まったことで、文化的な変化がもたらされました。顧客の品質保証監査では、BAEの問題の迅速なトラブルシューティング能力が著しく向上したと報告されました。

問題分析(PA)の部分活用

航空宇宙・防衛
課題

アポロ13号は月に向かっていた。ミッション開始から54時間52分、地球から5万5千マイル離れた場所で、すべてが順調に進んでいた。しかし、当時の司令官であるジョン・L・スウィガートJr.からの報告である。「ヒューストン、問題が発生した。....ヒューストン、ここで問題が発生した。メインバスBが不安定になっている」。これは、2つある発電装置のうち、2つ目の発電装置の電圧が低下し、警告灯が点灯したことを内部の人間が伝えたものである。暫くすると、再び電源が入った。スウィガートはこう報告した。「電圧は問題ない。そして、注意と警告に関連して、かなり大きな音が出た」と報告した。その3分後、問題の大きさが明らかになってきたので、彼はこう報告した。「ああ、メインバスAの電圧が低下している....、約25½を示している。Main Bは今ZIPを示しています。

結果

NASAの事件では、体系的なアプローチがあったおかげで33万キロ離れていてもチームは一つのユニットとして作業できました。 NASAヒューストンの技術者にとってこの原因は受け入れがたいものでしたが…。

なぜケプナー・トリゴーなのか?

より効率的な運用

ケプナー・トリゴーのコンサルティングは、ビジネスの問題に正面から取り組むことを目的としています。

ケプナー・トリゴーのビジネス・ソリューションは、データに基づき、体系化され、

時間をかけて検証されたものです。

プレッシャーに負けない自信

ケプナー・トリゴーのコンサルティングは、ビジネスの問題に正面から取り組むことを目的としています。

ケプナー・トリゴーのビジネス・ソリューションは、データに基づき、体系化され、

時間をかけて検証されたものです。

プロセス・プラスの経験

ケプナー・トリゴーのコンサルティングは、ビジネスの問題に正面から取り組むことを目的としています。

ケプナー・トリゴーのビジネス・ソリューションは、データに基づき、体系化され、

時間をかけて検証されたものです。

私たちエキスパートがいつでもお手伝いします

全地域
  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 日本

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから