トレーニングが答えであるならば、問題は何か?第1部:4つの原則

ヒューマンパフォーマンスで組織の成果を上げるには

第1部:4つの原則の確認

21世紀へようこそ。激動する経済とビジネス環境の変化は、私たちの組織に迅速な対応を求め、多くの従業員が責任を負うことになります。この時代は、より少ない従業員で同等以上の成果を上げることが求められており、トレーニング費用も高い期待値を持って提供されています。

一般的に、トレーニングを実施するのは、社員が必要な結果を出すために必要な知識やスキルを持っていないと判断した場合です。この評価には、「問題が解決されない」「意思決定がうまくいかない」「プロジェクトが遅れたり、予算を超過したり、最悪の場合、期待した価値を提供できない」といったリアクティブなものと、「製品の製造方法を変更する」「資本要求を行う」「偏差値を調査する」「新製品を開発する」「プロジェクトを実施する」といったプロアクティブなものがあります。

今までとは違う、より良い結果を求めるのであれば、人々に今までとは違うやり方をしてもらう必要があります。人々の行動を変える必要があるのです。

 

4つの原則を整える

Kepner-Tregoe社は、50年以上にわたってさまざまな業界のお客様と仕事をしてきた中で、4つの原則的な要素を考慮に入れて、測定可能な結果と持続的な価値を達成するソリューションを実施してきました。これらは以下の通りです。

  1. スキルアップ(構造化トレーニング)
  2. フィードバックと行動の強化(コーチング On-the-Job)
  3. 期待値の設定と励みになる結果の提供(パフォーマンス・システム)
  4. 新しいスキルを仕事のやり方(ビジネスプロセス)に組み込む

この4つの原則がお互いに一致し、望ましい結果が得られれば、リーダーや個々の貢献者がトレーニングで得た知識やスキルを自分の働く環境に適用することが非常に容易になります。そして、彼らの行動に必要な変化をもたらすことが容易になります。

アライメントがなければ、人々は仕事の進め方を変えようとしません。むしろ、同じ結果を得続けることになり、せっかくの研修が失敗に終わってしまいます。

この6回のシリーズでは、4つの原則を統合して調整することで、トレーニングを最大限に活用する方法をさらに詳しくご紹介します。また、業界ごとに考慮すべき点についても詳しく解説していきます。

ブログ画像1
トレーニングが答えであるならば、質問は何ですか?Part II: トレーニングの構造
ブログ画像1
トレーニングが答えであるならば、質問は何か?Part III: 新しいスキルを統合する
ブログ画像1
トレーニングが答えであるならば、質問は何か?Part IV: オン・ザ・ジョブでコーチングを行う
ブログ画像1
トレーニングが答えであるならば、質問は何か?Part V: 新しいスキルをパフォーマンスに組み込む

私たちは以下の専門家です:

お問い合わせ

お問い合わせ、ご意見、詳細確認はこちらから